第1回 佐渡島一周エコ・ジャーニーウルトラ遠足

写真はこちら。

<2006年9月16〜18日>  

 心配された台風も今大会を祝福するかのように大会後にずれ、予定通り午前6時 両津みなと公園
おでんこドームをスタート。
思えば一年前、数人の走友と雨の中、開催に向けて島一周コースを調査、1km毎地図上に大会に必要な情報を記録、それが
始まりであった。
 全国より参加の総勢61名、早朝にもかかわらず地元住民の応援、新聞社の取材と賑やかである。
 第1エード(29.4km地点)にトップ選手は8時49分、最後尾10時29分到着。エードや昼食後通過順調である。11時過ぎにパラパラと
ランナーにとって恵みの雨、12時2分、第2エード(61km地点)にトップは小倉さん到着、16時30分にこの日がお誕生日の雲峰さん
余裕の最後尾、全員通過し順調。
 第一仮眠所(90.5km地点)は地元ホテルの協力でお借りした温泉付き仮眠所である。第一目の区切りとして、通過する人、豚汁や
ビールで英気を養う人それぞれである。ここでも地元両津より参加の尾方夫人の応援に感謝。
 第二仮眠所(105km)トップ通過は16時過ぎとのこと。速い!17日夜中はうらみの雨、伊藤さんずぶぬれで駆け込む、是を機に三々五々
到着し休憩する人、仮眠する人。
 第三エード通過(137km)、時間は前後するが、16日20時48分トップの小倉さん速い速い!最終グループ17日13時07分まだまだ元気。
スタッフの方が眠い。。。雨も止み絶好のマラソン日和になってきたが、さすがのツワモノも一人二人と脱落。
 第四エード(164.5km)16日23時58分トップ通過、最終グループ17日18時20分。実にその差18時間22分!速い人も最後の人も
頑張るなぁ〜、感動!
 いよいよゴールまでひとっ走り、スタッフ全員ゴール地点に待機。途中リタイヤ4名を収容、トップのゴールタイムは23時間45分、
神奈川県の小倉亮さん。女性でのトップは33時間0分、大阪府の岡村絹江さん。今大会、もっとも楽しんだ参加者は47時間59分で
富山県の田畠実さんでした。
 最後に、大した事故も無く参加者はもちろん、島民、島の行政、スタッフ、大勢の方々に支えられ素晴しい佐渡と素晴しい仲間との
出会いを”ありがとう”。                                 (大会事務局:鈴木正一)


また、参加者からも完走記をいただきました。ありがとうございます。皆様のご意見はぜひ参考にさせていただきます。
本木 リヨ子 さん
大滝 史郎 さん

  

トップページに戻る